他社の借り入れが多いとキャッシングの審査に通らない?

他社からの借り入れが多いとキャッシングは通らないかというと、これは十分にありえることです。
貸す方からすれば相手がお金を返してくれる見込があるかどうかということで、融資をするわけですから他社にすでに大きな借金があるとなれば返済をしてもらうことはできないのではないかと考え、審査も厳しくなってしまうものです。

もちろん、借りている金額も大きいけれども収入も多いという人であれば返済ができる可能性は高いので他社にある程度借金があってもキャッシングの審査を通過できる可能性はありますが、それでも他社からの借り入れがあって有利になるということはありません。
基本的に業者側というのはその人間はいくらまでの借金を返済することができるかという点で融資をするかどうか決めるので、他社に借金があったとしてもその上限に達していないと判断すればそこまで融資をすることもありますし、すでに上限に達しているとなれば審査に通らないということになります。

どこの業者でいくら借りたかということよりも、その人が総額でいくらの借金があってどの程度まで返済をすることができるのかということが鍵となってくるため、余力があると判断されれば融資が受けられますしないとなれば融資を受けられないという極めてシンプルなものとなっています。
そのため、他社からの借り入れが多いとキャッシングの審査には通らないというのは、あながち間違ったことではないと考えておいて問題はありません。
関連