株式会社一福のファクタリングサービスのメリット・デメリット

ファクタリングとは、アメリカでは資金調達の方法としてよく知られていますが、日本ではやっと認知されてきました。
実は、1970年代に日本に入っているのですが、その頃の日本は手形取引が主流だったのであまり普及しませんでした。しかし、バブルが崩壊して手形取引が少なくなったため、ファクタリングが再度脚光を浴びることになったのです。
インターネットの普及もあり、現在は数多くのファクタリング会社が存在しています。
一福の売掛債権ファクタリングは、業務の悪化や債務超過を理由に銀行からの融資を受けることができないケースや、法人を設立したばかりで信用がないため借入ができないケースにも対応しています。
会社を経営していると、様々な理由で急にお金が必要になることがあります。銀行から追加融資を受けるまでのつなぎ資金が必要になる人もいれば、設備投資のためにまとまった資金が必要になる人もいます。
一福は、資金調達のエキスパートです。資金調達の相談には丁寧に対応しています。
一福が行っているファクタリング業務は、償還請求権のないファクタリングとなります。そのため、もし取引先が倒産したとしても、買い戻す必要がないのです。一福のファクタリングを利用することで、早期の資金調達ができ、決済リスクも回避することが可能なのです。
業種や社歴を問わず、日本全国を対象に対応を行っています。売掛債権額10万円から買取が可能で、担保や保証人も一切不要です。